アコムを利用するのに年収は関係する?

キャッシングは年収によって借入限度額が決まってきますが、どういった理由から変わってくるのでしょう。つまり、総量規制対象外の条件とはなんでしょうか。

アコムの借入限度額は1万円から500万円までとなっていますが、誰でも500万円の融資を受けられるかといえばそうではありません。
貸金業法には融資の限度額は年収の3分の1以内、というアコムなど消費者金融に対して総量規制という決まりがあり、たとえば年収が500万円の人であればその3分の1以内、つまり約160万円が融資限度額となりますので、年収が多ければ多いほど借入限度額は高くなります。

この総量規制は一つの目安で、実際借り入れを申し込むと審査があり申込書に書かれた内容や信用情報機関の個人情報から申込者の属性を調べますが、年収が多いとか勤続年数が長い、他社借入れがあっても問題なく返済を続けているという事を属性が高いといい、信用度が高いという事から、初回の申込時の借入限度額は低く抑えられていますが、信用度が高ければ増額を認めてもらえるのでやがては借入限度額に近い融資が出来るようになります。

アコムに限らず消費者金融業者は無担保での貸出しをしていますので「貸しても返してもらえるのか」というところを重点的に審査しますので、他社の借入れがあり遅延などをおこしていると信用情報に記載されていますので、審査に柔軟なアコムであってもこれ以上は貸せないとか、初回の申込時でも断られる場合があります。

借入限度額を高くするには年収だけでなく、申込者の属性が影響するという事を覚えておきましょう。